FC2ブログ

うなきち

unakichi2.jpg
うなきち:高知県高岡郡四万十町本町1-14 TEL 0880-22-2138
7:30~21:00 不定休
unakichi1.jpg
うな重2,200円の豪華な朝飯
本当に7:30から鰻が食べられるか半信半疑だったが、外の入口に営業中の看板があり、内側の入口は準備中となっている。
恐る恐る聞いてみたら「食べられる」との事。
7:30からオープンしているが、「上の宿の部屋の掃除で店にいない事もある」という事のようだ。
自社で鰻の養殖をしているのでこの価格で提供できるとの事。
ここらあたりは窪川というところで、父母が浜で出会った高知から女性たちも「鰻といえば窪川でしょ」と言っていた。

第3回風写さんうどんツアー3/2

ufoline1.jpg
ufoline2.jpg
トヨタがCMで使っていた高知のUFOラインを、寒風山登山口側からシラサ峠(水場)、寺川まで走破したが、山道を抜けるのに3時間ほどかかってしまった。
ufoline3.jpg
ufoline4.jpg
山道は楽しいのだが、工事車両などの対向車や自転車も走っていたり、峠に霧もかかっていて怖くて速度が上げられない。
ufoline52.jpg
見事な滝にも出会った。
niyodo3.jpg
仁淀川では8月末に水切り大会が開かれ、平べったい石を投げて跳んだ回数を競うので、私も挑戦してみたが、5回くらいが精一杯だった。
niyodo1.jpg風写さん撮影
それにしても、川原には石がごろごろしていて、平たい石も見つけやすい。
niyodo4.jpg
名越屋橋
四万十川だけでなく、仁淀川にも沈下橋があった。
niyodo5.jpg
彼岸花が早くも咲いていた。
niyodo2.jpg風写さん撮影
高知市内に入ると、舗装のない道路脇を路面電車?が走っている。
道路と交差する部分に砂を入れて、車が通行できるようにしてある。
hirome31.jpg
hirome32.jpg
夕食は「ひろめ市場」で塩とタレで鰹のたたき。

第3回風写さんうどんツアー3

maruya22.jpg
maruya21.jpg
まるやうどん二代目:善通寺市下吉田町889―4 TEL 0877-85-8822 6:00~20:00 年中無休
多度津町にあった店が移転して二代目になったが、店としては初めて。
食べすぎ気味だったので、梅干しうどん480円。
丸宮製麺 坂出林田店:坂出市林田町番屋前4285-324 TEL 0877-47-0381 6:30~15:00 無休
に行ってみたが、まだ開店していない。多分 善通寺と同じ10時開店になったのだろう。
tecchan22.jpg
tecchan21.jpg
てっちゃん:坂出市西庄町578-3 TEL 0877-45-2000
9:00~18:00 定休 水曜
肉みそ玉うどん480円。
久々の訪問だったが、道路の反対側に移転していた。
tanigawa32.jpg
tanigawa31.jpg
谷川米穀店 仲多度郡まんのう町川東1490 0877-84-2409 11:00~13:00 定休日曜
小150円。
風写さんの希望で、久々の訪問。
やっぱり、和風タバスコの青唐辛子が辛い。
大のお替りをしている強者もいたが、麺は「てっちゃん」とあまり変わらない気もする。

第3回風写うどんツアー2/2

うどんを食べ終えて、お腹が一杯なので、近くの八十八ケ所のお参りに行くことにした。
まずは、
konzoji.jpg
76番 金倉寺:ちかくに手長だこの天ぷらで有名な「はなや食堂」がある。
広島からバスで来た?お遍路さん達。
mandaraji.jpg
72番 曼荼羅寺
deshakaji.jpg
73番 出釋迦寺
kouzanji.jpg
74番 甲山寺
deshakaji2.jpg
75番の善通寺は前回のツアーで参ったので、これで善通寺市内は終了。
道の駅「ふれあいパークみの」で休憩しようと思ったら
71番 弥谷寺が近くにあったのでお参りする事に。
yataniji1.jpg
540段の石段をパスして上りは400円払ってバスで、下りは歩いて。
yataniji2.jpg
道の駅で、夕日の好きな風写さんが、四国のウユニ塩湖「父母が浜」のポスターを発見し、お大師様のお導きと思い行くことに。
fumigahama21.jpg
途中で「ネズミ捕り」を発見し慌ててブレーキを踏んだが、撤収中で難を逃れた。
信心の霊験あらたかだ。
fumigahama4.jpg
父母が浜も、ちょうど夕日の時間帯で、オジサンではないモデルが欲しいと思っていたら、高知から来た女性二人連れに写真さ撮影を頼まれ、喜んで応じた。
fumigahama3.jpg
八十八ケ所をお参りした「おかげ」でまずまずの夕景だった。
♪南無大師遍照金剛♪

第3回風写さんうどんツアー2

tonimen2.jpg
tonimen1.jpg
とにかく とに麺:高松市新田町甲999-1 TEL 087-813-9102 6:00〜15:30 定休 木曜 駐車場 25台
かけ小230円。私が好きな麺だ。
大根おろし、わかめが無料なのがうれしい。
setohare2.jpg
setohare1.jpg
おうどん瀬戸晴れ:高松市新田町甲910-2 TEL 087-813-6988 9:00~15:00 定休 木曜 駐車場 14台
ぶっかけ温420円。
ぬめりがあるので、たぶん釜抜きだろうが、美味い。
もり家の弟子の店。
nakamuraya2.jpg
nakamuraya1.jpg
なかむら屋:高松市前田東町720-6 TEL 087-813-2398 10:00〜14:00 定休 木曜< 
この日は、10時30分頃の開店。
飯山の中村の兄が居抜きで始めた店。県道147号の終点近くにある。
かま玉280円。
daishoya.jpg
大庄屋製麺:仲多度郡琴平町1223-9 TEL 0877-75-5980
「手打ゆう玄」の販売は12:00〜12:10(10分のみ)不定休
高速を走って12時前に到着したが、休みだった。残念!
akamichi2.jpg
akamichi1.jpg
本格手打ち あかみち:丸亀市田村町915-1 TEL 0877-55-1391
11:00~16:00 18:00~20:00 定休 日曜 月曜 夜 駐車場 25台
利き出汁うどん小480円。
ざるうどんを、かけ、ぶっかけ、ざるの出汁で食べ比べができる。
ざるの出汁が甘目で美味しかった。
これで360軒。

第3回風写さんうどんツアー1

misasa2.jpg
misasa1.jpg
みささ:坂出市加茂町甲543 TEL 0877-48-0769 8:30~18:30 定休 日曜 駐車場 30台
かけ200円
腰が強いのではなく団子に近い、田舎のおばあちゃんのうどん。
どことなく懐かしいマニア向けの手打ちうどん。
駐車場が物凄く広いが、隣の喫茶店と兼用。
shimanoivuki2.jpg
shimanoivuki1.jpg
島のいぶき:坂出市元町1-1-1 TEL 0877-85-9155
11:00~19:00 定休なし 駐車場 駅地下駐車場30分 無料
12:20の快速マリンライナーで到着した風写さんと落ち合って、JR坂出駅の中にあった亀城庵のあった場所にできた新店に。
冷ぶっかけ330円。
senri2.jpg
senri1.jpg
瀬戸内ぶっかけうどん せんり:坂出市入船町1丁目5番14号 TEL 0877-85-7058
10:00~15:00 定休 水曜 駐車場 150台
海の幸ふれあい市場にあるうどん屋
冷かけ250円。
看板が大きいが、ここには店名は無い。
marufuji2.jpg
marufuji1.jpg
さぬきまるふじ:坂出市林田町3907-3 TEL 0877-47-3136 10:00~15:00 定休 水曜 駐車場 30台
湯だめ 250円にしたが、出汁は冷たいのをもらった。
これまでも何度か店の前を通った事がある。
genki1ban2.jpg
genki1ban1.jpg
純手打ちうどん元気一番:高松市香川町大野1911-4 TEL 087-880-6959 11:00~15:00 定休 第3木曜 駐車場 15台
3軒目の「名も無いうどん」の後に、居抜きで入った。
10分ほど待って釜かけ270円。
手打ち手切りなので、太さにバラつきがある。
前回とほぼ同じ2時すぎに着いたが、今回は営業中のランプは回っていた。
13時を過ぎると小の1玉を中の1.5玉にサービスしてくれるが、5軒目なので断った。
また、湯がいて時間が経った麺も無料で持ち帰りもできるが、翌日も食べ歩くので断った。
久々に1日5軒食べ、これで356軒。

中秋の名月2019

2019moon1.jpg
今年の中秋の名月は満月では無いそうだ。
そこで、翌朝まで育つのを待って撮った。
2019moon2.jpg
Z6のボディ側と28-300mmのレンズ側の両方の手ブレ補正を信じて、手持ちで撮影した。
朝方は多少小雨気味であはったが、だんだん晴れてきて、大きな月になった。
2019moon31.jpg
14日夜の満月
2019moon4.jpg
月のアップはフォーカスも露出もマニュアルで撮影。
2019moon5.jpg
9月15日の朝
2019moon6.jpg
300mm 三脚付き トリミング無し
2019moon71.jpg
500mm 三脚付き トリミング無し
2019moon81.jpg
1000mm (500mmX2)三脚付き トリミング無し

カマスほか

kamasu1.jpg
鮨 かわごえ:広島市中区新天地1-27 堀川ビル1F 082-240-0711 17:30~1:30 定休 日曜
数年かかっていた事案がやっと片付くので、馴染みのかわごえで鮨をつまむことにした。
手土産に蕎麦を打って行こうと朝から用意していたのだが、持って出るのを忘れ、バスに乗ってから気が付き、あわてて引き返す。
刺身の後に出てきたのが、このカマスの焼いたの。
これ以後は、酒を飲むのが忙しくて、写真を撮り忘れた。
kamasu2.jpg
バスセンターまで歩いて帰る途中に
はち乃木:広島市中区堀川町5-7 TEL082-247-2711
があったので、餡蜜が食べたくなった。
独身時代は、時々食べに来たが、最近はご無沙汰。
しばらく来ないうちに、餡蜜はブラスチックの入れ物で出てくるようになり昔の風情はなくなった。
kamasu3.jpg
甘いものをたべたので、仕上げはスタバでキャラメルマキアート。

AF-SレンズにTCテレコン

afstelecon3.jpg
NIKKORのAF-Sレンズに使えるテレサイドコンバーターは、原則200mm以上のレンズに限られる。
そこでAF-S28-300mmにMF用のTC-201などを使おうとすると、絞りが無いので、F22などの最小絞りに固定される。
しかし、カメラ側に情報が伝わらず、開放値が表示されるので、フォーカスも露出もマニュアルでしか使えないが、光学的には有効だ。
afstelecon1.jpg
TCあり ISO40000 1/200 F22
F22に合うシャツター速度にすれば晴天下の屋外での使用は可能である。
AF-Sレンズよりも絞りのあるAiレンズなどのほうが使いやすいが、緊急用としては、無いよりはマシだ。
afstelecon2.jpg
TC無し ISO250 1/500 F5.6
AFもTTLも最初から無かったと思えば、何の問題も無いが、ファインダーの明るさなどから、大体の適正露出はわかる。

亀の井にごり

kamenoinigori.jpg
亀の井にごり:亀の井酒造合資会社/大分県玖珠郡玖珠町大字小田777 TEL 09737-2-0206
冷やして飲むが、濁り酒なので甘さもあるが、やや酸味も感じる。
プロフィール
某民放の報道で45年勤務。本業のカメラマンのほか、編集はもちろん、デスク・記者のほか、SNG・ヘリ・技術など報道に必要なすべての仕事を担当しましたが、2016年3月末にフリーになりました。

百日紅2

Author:百日紅2

リンク
百日紅ブログ2カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR