FC2ブログ

逆RECの夢

変な夢を見た。
なぜか映画を撮っていて、大勢のキャストが移動するシーンを撮影するが、なぜか写っていない。
スタートの前後は写っているが、肝心なところが写っていない。
いわゆる「逆REC」で、スタートとストップが反対になっていたようだ。
初期のENGはVTRが回っていようがいまいがボタンを押すとランプが付き、何かに拍子に止まっているのにランプが付く事があって、たびたび事故になっていた。
今頃、こんな夢を見るなんて。
どうやって監督に言い訳しようかと悩んでいたら、目が覚めた。
昔は、空港で出国する際パスポートがないという夢や、16mmで回して現像できないという夢を良く見たが、最近は、この手の夢を見なかったのだが。
alarm.jpg
とこで、目は覚めたが、なぜか予定の時刻を30分過ぎていた。
スマホのアラームが鳴らなかったせいだが、なぜかバッテリーが1%しか残っていなかった。
そういえば、寝る前にスマホの表示が点滅していておかしいな?とは思っていたが。
出かける用事があったので、先日買ったSONY CP-V5BBで充電しながら移動した。

温ざるうどん

ほとんどのうどんには温と冷があるが、釜揚げの冷とざるの温はできないと思っていた。
しかし、ざるの温が出来そうなので、馴染みのうどん屋で無理を言って作ってもらった。
onzaru3.jpg
まず、うどんを温めてざるの器に盛ってもらうのだが、うどんが熱い冷のように手で盛り付ける事ができない。
とりあえず、テボからそのまま器に盛りつけてもらった。
見かけは、冷のざるうどんと変わらない。
つけ出汁も温かいのをお願いする。
理論的には、釜揚げのゆで汁なしだが、ゆで汁がないので麺の表面が乾いてくる。

CW

cw1.jpg
HF通信は、音声による通信しかやっていないが、1アマは持っているのでCWはできる事になっている。
ただ、実際に通信をすることはなく、免許取得のために練習しただけ。
cw2.jpg
2アマは欧文45文字/分の受信に苦労して2度受験。
1アマは欧文60字/分、和文50字/分の受信ができず3度受験した。
今は、1アマ、2アマともに電気通信術は「1分間25字の速度の欧文普通語による約2分間」と旧3アマと同じ音響受信となっている。
旧3アマのレベルなら、1ケ月も練習すれば十分合格できる程度だ。
cw3.jpg
私は、プロ通信士の受験にも何度も挑戦したので、練習用もテープも一杯買った。
今は練習用のCDが1枚2,000円程度で売っているらしが、昔のカセットテープは高価だったので、まとめては買えず、数か月毎に数本づつ買っていた気がする。
40の手習いでは3年頑張ったが、暗記受信ができず、1分間に75字の受信には達しなかった。
せっかく電鍵もあるので、無線機に配線したが、それでも交信することは無いかも。

「イマなまっ!」で千鳥そば

RCCの「イマなまっ!」 」から、「出雲大社の穴場の蕎麦屋を教えてほしい」とソバリエの会長に依頼があった。
会長がお仕事で忙しいという事で、私にお鉢が回ってきた。
内部事情に精通しすぎている古巣の職場の仕事なので、私ではやりにくいのでないかと断ろうとしたが、結局引き受ける事に。
chidori13.jpg
千鳥そば:島根県出雲市大社町杵築東655 0853-53-0135 11:00~16:30 木
chidori11.jpg
TVクルーを連れてって行く前に、11時に訪問して会長お勧めのソバリエセットを頂いた。
chidori12.jpg
前回食べたのは、土産物屋の中に店があった頃で、その後は何度か来たけど休みで食べられ無かった。
大鳥居の前でクルーと落ち合ったが、ディレクター、レポーター、カメラマンのみならず助手や運転手まで顔見知り。
きずき、荒木、かねやの前を過ぎて、やっと千鳥にたどり着く。
一見の観光客では、わかりにくい穴場である。
永江製粉と讃岐製粉のブレンドで、やっと新蕎麦が入って来たようだ。
少な目の釜揚げと割子2枚の「そばりえセット」1,100円。
蕎麦は手切りらしく、太さに多少のバラつきがある。
出汁は、出雲にしてはやや辛めである。
chidori1ma2.jpg
オンエアは、11月12日の「イマなまっ!」 15:00~16:50
久保田夏菜リポーターの「やってミルカナ」のコーナーです。

ハカランダとフジバカマ

shokubutuen11.jpg
植物園の売店で花や木の苗木を売っていたが、ジャカランダ3,500円が目に留まった。
ジャカランダは別名ハカランダとも言い、高級ギターの素材として有名である。
別名ブラジリアン・ローズウッドともいい、ブラジルで輸出禁止となり、私が持っているYAHAHA FG-2000は中古市場で高騰した。
shokubutuen12.jpg
その隣にはフジバカマもあった。
フジバカマは絶滅危惧種で、原野では滅多に見られない。
園芸種の斑入りはまだ花を付けていたが、斑入りでないのは花が落ちていた。
どっちかを買いたかったが、バイクなので諦めたのだが、斑入りでないのを女性が買って行って、ちょっと残念だった。

植物園散策

shokubutuen1.jpg
せっかくの好天なので、植物園内を散策する。
コスモスの花が凄い。
shokubutuen2.jpg
shokubutuen3.jpg
紅葉はピークにはやや早い。
shokubutuen4.jpg
ベゴニア温室は移転していて、元の場所はフクシア温室になっていた。
shokubutuen5.jpg
フクシアは、貴婦人のイヤリングとも呼ばれているらしい。

バオバブ

baobabu2.jpg
広島市植物公園:広島市佐伯区倉重三丁目495番地 TEL 082‐922-3600 9:00~16:30 定休 金曜
入園料は一般は510円だが、シニアは170円。
駐車場代は450円なので、バイクで行く。
最近、オーストラリアからバオバブの木を移植したのが見たかった。
baobabu1.jpg
マダガスカルの巨大バオバブは空高くそびえたっているが、植物公園のはそんなに高くなく大温室に収まっている。
それでもかなりの大きさで、近くで撮るのに15mmを使用した。
baobabu3.jpg
バオバブと言えば、マダガスカルと思っていたが、大陸大移動の前はオーストラリアとマダガスカルはくっついていたらしい。
ニュージーランドの巨木カウリは松の仲間で、バオバウはアオイの仲間なので、同じ仲間ではないようだ。

147ホイールバランス

147bc.jpg
インプレッサのスタッドレスを交換したので、147も冬タイヤに交換したが、フロントタイヤから異音がする。
ホイールバランスと取る為に貼り付けている重りが剥がれて、ブレーキキャリパーに当たっていたらしい。
夏タイヤは17インチだが冬タイヤは15インチなので、ホイール内側に余裕が無く、バランス用重りを付ける位置に気を付けないと当たってしまう。
薄めの重りを付けてもらい、念のためもう一方のバランスチェックもしてもらって1,200円。
それでも4本のタイヤ交換を依頼するよりは安い。

鬼とじうどん

onitoji.jpg
海老天とじうどんには海老が2尾付くので、これをツノにみたてて鬼とじうどんにしてみた。
鬼が島として有名な高松市女木島で、海老天をツノに見立てた鬼うどんがあるのを真似たものだ。
鬼うどんのベースはかけなのに対して、海老天とじうどんは卵とじうどんになっていて、どちらも590円だが、鬼とじうどんのほうが安い!

時計の修理

clock1.jpg
30年以上前に買ったディズニーの壁掛け時計が、ついに動かなくなった。
電池を替えても動かないのでムーブメントが駄目になったのだろう。
clock21.jpg
ムーブメントだけを交換しても1,000円ほどで修理できそうだが、貰い物の時計があったので、そのムーブメントと取り換えることにした。
針の中心部分をピンセットで押し上げて外し、裏側のムーブメント部分を外す。
しかし、多少規格が違うので秒針が付かないが、まあ無くても問題ない。
clock3.jpg
1時間程度で修理完了したが、秒針が無いだけに負荷が変わるようで、進み気味になる。
何度か調整して、ほぼ正確に表示するようになった。
プロフィール
某民放の報道で45年勤務。本業のカメラマンのほか、編集はもちろん、デスク・記者のほか、SNG・ヘリ・技術など報道に必要なすべての仕事を担当しましたが、2016年3月末にフリーになりました。

百日紅2

Author:百日紅2

リンク
百日紅ブログ2カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QR