35mm撮り比べ2

a7nikkor2.jpg
Nikkor 35mm F2: 1965年の発売開始だが1973年頃に購入しているレンズで、綺麗に映る 。
a7nikkor25.jpg
Nikon-E 35mm F2.5 : (1980年)設計は古く、外装をプラスチックにして軽量化したあるが、ガラスは新しいので問題ない。
a7takumar2.jpg
SUPER-TAKUMAR 35mm F2:(1963年) 古いレンズだが、逆光にも案外強い。
a7takumar35.jpg
TAKUMAR 35mm F3.5: (1964年) F2とほぼ同時期のレンズだが、F値を抑えているので、結構映る。
50mmと同じにF5.6に統一し、デジタル処理は行っていない。
nikkorとtakumarは2本づつ使ったが、両者の差はほとんど感じられなかった。

35mm撮り比べ1

a735mmb.jpg
ニコノス用W-Nikkor35mmF2.5を除く7本のうち、まずはライカマウントの3本。
a7canon2.jpg
canon Lens 35mm F2 :(1962年)カラー化前のレンズなので、多少切れが悪い。
a7summicron2.jpg
SUMMICRON-M 35mm F2 : (1984年) 第3世代の現行レンズで、文句なし。
a7skopar.jpg
COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 :(2000年)最新のレンズなので、何の問題も無い。

3月のライオン 後編

3lion.jpg
平日なのに、なぜか子供が一杯いる。
小学生の会話「PとJKって何?」「Pはポリス、JKは女子高生」「じゃあ僕たちはSDだね」「SDって何?」「小学生男子!」
前編と違って将棋の事が余り出てこない気がする、というよりも将棋の細かい事は前編で出てきたので、省いている事もあるかもしれない。
桐山清澄九段と北島忠雄七段の出演は確認できた。
将棋の事よりも人間関係の話が多いので、将棋を知らなくても楽しめる。
色々あっても、ハッピーエンドのほうに話が向かう。

2017桜総括

2017sakura2.jpg
今年は、桜が満開になる4月5日~4月10日の間は曇りか雨で、桜の撮影には散々だった。
平和公園で、4月4日にはなんとか撮影できたが、私の団地では3日ほど遅れるので、雨の中での満開だった。
最も古木だと言われる山桜をなんとか撮りたいと狙っていたが、雨が降ると山道が滑るので怖くて行けない。
2017sakura6.jpg
猪の出没した跡も見られるので、夜桜などの撮影も怖い。
2017sakura3.jpg
雨の降る前に行って見ると少し早かったが、雨が上がった晴れた日に行って見るとすでに葉桜だった。
それでなくても山桜は、花と葉が同時に出るので、タイミングが難しい。
しかも、この場所は両側が傾斜していて撮影ポイントが取りにくい。
2017sakura5.jpg
でも、もうホソバミツバツツジが咲き誇っている。

LECTプレオープン

lect1.jpg
4月28日グランドオープンするLECTのプレオープンに行ってきた。
9時前に行ったが、もう大混雑。
この場所は、私が泳ぎに行くスポーツセンターの斜め前なので、あまり混雑すると困る。
lect3.jpg
整理員も要領がわかっておらず、色々聞いても手引きを見て答える状態。
案内された駐輪場は一杯だったが、表側に回るとガラガラだった。
lect2.jpg
ざっと見て回ったが、東京では珍しくはないが、広島では珍しい店が結構出ていた。
CAINZは広島では初めてだが、DIKよりはおしゃれで東急ハンズよりは安いかんじだが、蕎麦道具など専門用品は無かった。
和菓子屋は結構あったが、洋菓子はクレープやアイスクリーム、焼き菓子はあるが生クリームのケーキはやや少ないかんじ。
福山雅治が好きで、半熟卵の天ぷらで有名な香川の「竹清うどん」が出ていたので、今度ゆっくり食べに行きます。
lect4.jpg
RCCの経済班が取材に来ていた。
lect5.jpg
KALDI:東急ストアなどに店があり、東京では珍しくないが、メイプルシロップが特売になっていた。
新宿さぼてん:コロッケも2個。
築地銀だこ:タイ焼き2個。
コージーコーナー:シュークリーム2個。
茶色の物ばっかりになってしまった。
カート一杯買って、自転車に乗りきらず困っていたオバサンを見かけました。

ポテトチップス

chipstar.jpg
北海道産のジャガイモが昨年の水害で品薄になり、ポテトチップスの販売中止が相次いでいるようだ。
普段はポテトチップスなどはほとんど食べないのでどうでも良いのだが、北海道産を使っているカルビーなどは品薄かもしれないが、外国産のジャガイモを使っているのは影響が無いのでは思って探してみた。
たしかにカルビーのポテトチップスは見当たらなかったが、予想通りアイダホ産を謳っているナビスコチップスターは売っていたのが嬉しくて買って帰った。
友人からは、ミーハーだと笑われた。
日本で成型ポテトチップが売られる前、アメリカに新婚旅行に行った友人が土産に買って帰ったのを食べた翌1976年に「チップスター」が発売されたので、いまでも当時の事を思い出す。

takenoko17.jpg
今年はタケノコの出るのが遅いと思っていたが、やっぱり全国的に遅いらしい。
先日近所からタコノコを頂いたが、猪も飢えているらしく竹林が荒らされていたようだ。
sansho.jpg
勝手に生えてきたきた山椒は3本あったはずだが、1本だけ残ってあとは枯れていた。
amadokoro.jpg
ところで、裏庭にアマドコロとペパーミントを植えているが、今年はアマドコロの勢いが強くてペパーミントが負けている。

50mmレンズ撮り比べ2

a7canon.jpg
canon LensⅡ 50mmF1.4:(1959年) 古いレンズの割には、コントラストは悪くない。
a7shanhai.jpg
上海 50mmF3.5:(1959年) 上海58-Ⅱに付いていた偽エルマー。コントラストが低い。
a7nikkor.jpg
Nikkor 50mmF1.4:(1971年) 唯一、ライカマウントでないレンズ。

絞りは、すべてF5.6に統一し、画像の調整は一切していない。
1960年以前のレンズは、コントラストが良くない。
このほか50mmという焦点距離という事だけにこだわれば
EL-Nikkor 50mm F4 引き伸ばしレンズ
Nikkor-H・C50mm F2 Sマウントニッコール
DISTAGON 50mmF4 ハッセル用レンズ
もあるが、マウントアダプタが無かったりするので、今回はテストしない。
それにしても50mmレンズが7~10本もあるとは、我ながら驚く。

50mmレンズ撮り比べ1

a750mmb.jpg
今回テストしたうち、まずはライカの純正レンズ
a7elmer.jpg
Elmer 50mmF3.5:(1933年)LeicaⅢ型に付いていたもの。古いレンズなのでコントラストは低い。
a7summitar.jpg
Summitar 50mmF2:(1951年) Ⅲcのレンズキャップ替わりに購入したもので、周辺にややカビがあるのでややコントラストは低い。
a7summarit.jpg
Summarit 50mmF1.5:(1953年) 絞り開放ではソフトな表現になる。独特な味があるレンズだが、風景ではわかりにく。
a7summicron.jpg
SUMMICRON-M 50mmF2:(1994年) 第4世代のレンズで、特に問題は見当たらない。
古いレンズはコントラストが低いが、デジタル処理すれば見分けがつかなくなる。

てんとう虫

tentomushi.jpg
春になって新芽も出たが、虫もわきだしてさっそく新芽を食べている。
久しぶりに農薬を撒こうかと思ってよく見たら、テントウムシが頑張って働いていてくれていた。
生垣の中をざっと数えただけで10匹くらいは確認できた。
てんとう虫は星の数が色々あり、一般的には7つより少ないのは益虫で、多いのは害虫と言われているようだ。
今回確認したてんとう虫は星が2つだった。
tentomushi2a.jpg
ところで、私がかつて所属していたバンドLMSのシンボルがてんとう虫だった。
チェりッシュの♪てんとう虫のサンバ♪が流行っていた時期でもあり、何度か結婚式でも演奏した。
光風会の故北田和広画伯に原画のデザインをお願いし、宍戸清子女史に染色してもらった旗だが、シミなどが出ているのが残念だ。
プロフィール
某民放の報道で45年勤務。本業のカメラマンのほか、編集はもちろん、デスク・記者のほか、SNG・ヘリ・技術など報道に必要なすべての仕事を担当しましたが、2016年3月末にフリーになりました。

百日紅2

Author:百日紅2

リンク
百日紅ブログ2カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR